課金を行う理由について

この記事をシェアする

子供の課金を回避する為には?

今は子供でも当たり前のようにスマホを持つ時代になっています。
ですが、まだ何が悪い事なのかよく把握していないのでネットを利用した犯罪に巻き込まれやすいのです。
近年になって、きちんと子供にスマホを持たせる場合には親が全てを管理出来るように設定を変えたり危ないサイトやスマホゲームにアクセス出来ないようにパスワードを設定してロックが出来るようになりました。

ですが、最近では何らかの方法で知らないはずのパスワードやロックを解除して、特にスマホゲームでのアイテムやレベルアップの為に勝手に課金をして後から莫大な請求が来るようになりました。
親の許可なく課金した場合には、使用している携帯通信会社に連絡をしてスマホゲームの課金請求をゼロにして貰えるようになりましたが、このような状況を回避するには普段から子供が小さい内には使用時間を制限したり、定期的に子供と話し合う事が大切です。

勝手に課金しない為に親が知っておくべき事

子供達にスマホを持たせるようになったのには、防犯対策や見守りのつもりで所在をすぐに確認出来るようにする為です。
昔とは違い、小さい内からスマホを持たせる事が当たり前になっていると言う事は、前の記事でも紹介しました。
ですが、スマホには様々なアプリを無料でインストール出来るようになっており、通常であればパスワードやカードの情報を入れるだけでスマホゲームの課金やショッピングが簡単に出来ます。

しかし、子供は未成年なので勝手に物を購入する事は出来ないようになっています。
もし、これから子供にスマホを持たせようとしている家庭があったとすれば、勝手に課金出来ないようにする為にも、親が知っておくべき事があります。
それは、契約時に必要以上のアプリをインストール出来ないように設定をしたり、無断でインストールした場合にすぐに自分のスマホに情報を転送して把握する事が結果的に子供を危険から守るのだと言う事です。